くろnews サッカー速報

サッカーに関する2chまとめサイトです。ぜひお気に入りの記事を見つけてください。



    (出典 www.f-marinos.com)


    FWかぁ...いっしんするのかな

    1 Egg ★ :2017/12/08(金) 06:21:26.34 ID:CAP_USER9.net

    FC東京が横浜のFW富樫敬真(24)を獲得することが7日、濃厚となった。既に正式オファーを提示し、交渉は最終段階という。

     米国人の母を持つ富樫は、今季リーグ16試合2得点に終わったが、鋭い動きだしと抜群の決定力には定評がある。

    今季13位のFC東京は来季、国内3冠を達成した前G大阪監督の長谷川氏を迎え立て直しを図る。

    リオデジャネイロ五輪の日本代表候補にも選ばれたストライカーには、今季リーグ37得点と低調だった攻撃陣のてこ入れ役として期待がかかる。

    スポニチ12/8(金) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000007-spnannex-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【J1】FC東京,横浜FW富樫敬真の獲得濃厚! 既に正式オファー提示】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)


    きびしい....

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2017/12/08(金) 22:46:22.05 ID:CAP_USER9.net

    J3北九州:集客低迷で本拠地活用模索 維持年1.5億円
    2017年12月04日 12時44分 毎日新聞
    https://news.nifty.com/article/domestic/mainichi/12159-1204e040192/

     サッカーJ3・ギラヴァンツ北九州の戦績低迷を受けて、本拠地として今年開業したミクニワールドスタジアム北九州(北九州市)の新たな活用策が問われている。
    ギラヴァンツのJ1昇格を想定して約100億円かけて造られたにもかかわらず、開業初年はJ3の9位。
    年間約1億5000万円の維持費もかかるため、識者はギラヴァンツ以外の活用策を求めている。

     J2昇格の可能性が消滅し空席が目立った11月26日のホーム最終戦。スタジアムは最大1万5300人収容だが、観客は5723人でスタンドは空席が目立った。
    市が年間21万人を見込んでいたスタジアム来場者は10月末で約13万4000人にとどまり、経済波及効果も当初予想を大きく下回る見通しだ。

     市は2009年、Jリーグに新スタジアム建設を約束してギラヴァンツのJ参入を果たした。当時の本拠地は約1万人しか収容できず、
    J1ライセンスを得るために13年にJ1規格(収容1万5000人)のスタジアム建設を決めた。当時、北橋健治市長も「新しいにぎわいの拠点をつくる」とチームの活躍に期待を寄せていた。
     新スタジアムはJR小倉駅に近く、利便性の高さが売り。
    地元の不動産会社「ミクニ」が年間3000万円で命名権を取得し、管理・運営は九電工グループが担当している。
     今年2月、日本のトップ選手が集ったラグビーの試合で初めて観客を動員。
    その後は、ギラヴァンツのホームゲーム16試合の他、県の高校ラグビーや高校サッカーの決勝など年間約100日の使用を見込んでいる。

     しかし、頼みのギラヴァンツの低迷で使用料収入などは約5000万円にとどまる見通し。
    グラウンドなどの維持管理には年間約1億5000万円がかかっているため、1年目は約1億円の赤字になる見込みだ。
     市が取り組もうとしているのが「ミクスタブランド」づくりだ。ランニングイベントやヨガ教室、子供向けスポーツ塾などを開催し「市民に愛されるスタジアム」を目指すとしている。
    しかし、ピッチが天然芝のため制約が多く、人気ミュージシャンのコンサートも誘致できるが、ピッチには多数の観客が入れないなど課題もある。

     Jリーグに詳しい北九州市立大の南博教授(地域経済論)は「地元にJクラブを擁する自治体はスタジアムの活用が『J頼み』になりがちだ。
    ミクスタはギラヴァンツ頼みから脱し、もっと市民に開かれた活用策を進めていく必要がある」と話している。【木村敦彦、取違剛】


    【【J3】北九州,集客低迷で本拠地活用模索... 維持年1.5億円】の続きを読む


    代表わばれますかね

    1 動物園φ ★ :2017/12/09(土) 07:32:13.12 ID:CAP_USER9.net


    2017年12月09日(Sat)6時25分配信

    【ベフェレン 3-1 スタンダール・リエージュ ベルギー1部第18節】

     現地時間8日に行われたベルギー1部リーグ第18節でベフェレンはスタンダール・リエージュをホームに迎え、3-1の勝利を収めた。MF森岡亮太はフル出場で、今シーズン9アシスト目を記録している。

     リーグ戦ここ3試合で9失点と苦しんでいるベフェレンは、この日も失点。15分に先手を取られて1点を追いかける立場になった。

     だが、森岡を起点にベフェレンは反撃に転じる。36分、森岡のCKにセックがヘディングで合わせてゴール。森岡の今季9アシスト目で1-1として折り返した。

     すると後半の立ち上がり、スルーパスに抜け出したテリンが一度はGKに防がれながらも押し込んでベフェレンが逆転に成功。さらに3点目を目指し、ホームで主導権を握った。

     ベフェレンは72分、相手の最終ラインでボールを奪ったアンポマーがゴールを奪って貴重な3点目を獲得。2点差としたベフェレンが落ち着いた試合運びでリードを維持して、終了のホイッスルを迎えた。

     森岡に7試合ぶりのアシストがついたベフェレンは、これで4試合ぶりの白星。順位は暫定で7位となっている。

    【得点者】
    15分 0-1 マリン(スタンダール・リエージュ)
    36分 1-1 セック(ベフェレン)
    49分 2-1 テリン(ベフェレン)
    72分 3-1 アンポマー(ベフェレン)

    https://www.footballchannel.jp/2017/12/09/post245598/ VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    【【その他リーグ】森岡亮太、猛アピール!今季9アシスト目!】の続きを読む

    このページのトップヘ