くろnews サッカー速報

サッカーに関する2chまとめサイトです。ぜひお気に入りの記事を見つけてください。



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2017/12/07(木) 23:34:40.85 ID:CAP_USER9.net

    6日にチャンピオンズリーグ最終節でレアル・マドリードと対戦したドルトムントは残念ながら2-3で敗れてしまったが、敵地サンティアゴ・ベルナベウで輝きを放ったMF香川真司の姿を日本のサッカーファンは楽しんだのではないだろうか。

    すでにグループ突破を決めていたレアルにとって、今回のドルトムント戦は消化試合でもある。100%の力を出しづらい環境だったかもしれないが、それでも香川はベルナベウで自身の実力をしっかりとアピールしたことに変わりはない。

    米『ESPN』も香川を高く評価しており、ピエール・エメリク・オバメヤンと並んでチーム最高となる8点の評価を与えている。オバメヤンの2点目をアシストしたアイディア溢れるヒールパスが高評価の要因だ。

    同メディアは「高い位置にポジションを取った香川はベルナベウで輝いた。彼のオバメヤンへのバックヒールは素晴らしいものだった。終盤にはカゼミロをエレガントなボディフェイントでかわし、3-3にするチャンスがあったが、シュートはナバスの上へ外れてしまった」と伝えている。最後の決定機を外したのは残念だったが、そこまでの流れは非常に高く評価されているようだ。

    今季の香川はドルトムントで常時スタメンというわけではないが、このパフォーマンスからポジションを確保していけるのか。やはりペナルティエリア付近でボールを受ければ香川は輝きを放つ選手だ。

    2017年12月7日 19時30分 theWORLD
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13997626/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    “ビッグチャンス”を逃すも…レアル戦先発の香川真司は独誌チーム2位タイの高評価
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000030-goal-socc

    レアル・マドリー戦の香川真司にスペインメディアは辛口評価「決定機を逸してしまった」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000035-goal-socc

    【サッカー】<香川真司>ヒールパスで同点弾演出…ドルトムント、王者レアル・マドリードに敗戦もEL進出決定!
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512596655/


    【【CL】「ベルナベウで香川は輝いた」レアル・マドリードを驚かせた”日本代表の10番”に最高評価!】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)


    この人すごいな

    1 数の子 ★ :2017/10/24(火) 19:02:48.80 ID:CAP_USER9.net

    10/24(火) 18:55配信

    トッテナムFWソン・フンミンは、プレミアリーグでの得点数を「19」に伸ばし、元マンチェスター・ユナイテッドのパク・チソン氏が持つアジア人最多得点記録に並んだ。プレミアリーグ公式が伝えている。

    ソン・フンミンは、22日に行われたプレミアリーグ第9節リヴァプール戦に先発出場。すると1点リードで迎えた12分、右からのハリー・ケインのクロスをダイレクトで合わせてゴールを奪った。チームの4-1での勝利に大きく貢献している。

    そしてこのゴールは、ソン・フンミンにとって自身プレミア通算19ゴール目。韓国代表の大先輩で、マンチェスター・Uで7年間に渡って活躍したパク・チソン氏の持つアジア人最多得点記録に並んでいる。

    2015年からトッテナムでプレーする25歳のFWは、出場70試合でこの記録に到達。185分に1ゴールのペースで得点を挙げており、岡崎慎司(1G/340.2分)や香川真司(1G/415.8分)を上回る、アジア人氏史上最高のペースでゴールを積み重ねている。

    次節、トッテナムは「オールド・トラッフォード」でマンチェスター・Uと対戦する。ソン・フンミンは、大先輩が活躍した“夢の劇場”で、得点記録を更新することになるかもしれない。

    以下、プレミアのアジア人歴代得点ランキングとその得点数。

    1位(19):ソン・フンミン(トッテナム/韓国)
    〃:パク・チソン(マンチェスター・U/韓国)
    3位(13):キ・ソンヨン(スウォンジー・シティ/韓国)
    4位(12):岡崎慎司(レスター/日本)
    5位(8):イ・チョンヨン(クリスタル・パレス/韓国)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00010003-goal-socc


    【【プレミア】韓国代表ソン・フンミン、プレミアリーグのアジア人得点記録に並ぶ 得点ペースは歴代最高値に‼︎】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    ふろんたーれには期待してます!

    1 Egg ★ :2017/12/06(水) 18:56:46.52 ID:CAP_USER9.net

    2018年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の組み合わせ抽選会が6日、マレーシア・クアラルンプールで行われ、J1初優勝を果たした川崎は韓国の蔚山現代、メルボルンと同組のF組になった。今季の川崎はACLの準々決勝で優勝した浦和との日本勢対決に敗れた。

     J1で2位の鹿島は、シドニーFC(オーストラリア)、上海申花(中国)などと同じH組。天皇杯勝者は広州恒大(中国)、済州(韓国)、ブリラム(タイ)と強豪揃いのG組となった。

     J1・3位のC大阪は、1月30日に行われる予定のプレーオフで、アントンFC(タイ)とジョホール・ダルル・タクジムFC(マレーシア)の勝者と対戦する。なおC大阪が天皇杯で優勝した場合は、J1・4位の柏が繰り上げでプレーオフに出場する。

     来季のACLはロシアW杯の影響で開幕が前倒しとなり、初戦は2月12日からが予定されている。

     ◆ACL東地区1次リーグ

     ▽E組 全北現代(韓国)、傑志(香港)、プレーオフ4勝者、プレーオフ2勝者

     ▽F組 川崎、蔚山現代(韓国)、メルボルン(豪)、プレーオフ3勝者

     ▽G組 広州恒大(中国)、天皇杯勝者、済州(韓国)、ブリラム(タイ)

     ▽H組 シドニーFC(豪)、上海申花(中国)、鹿島、プレーオフ1勝者

     ▽プレーオフ2 C大阪(天皇杯制覇の場合はJ1・4位の柏)―ムアントンFC(タイ)とジョホール・ダルル・タクジムFC(マレーシア)の勝者

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000097-sph-socc


    【【ACL】ACLの組み合わせが決定!J1王者の対戦相手は⁉︎】の続きを読む

    このページのトップヘ