くろnews サッカー速報

サッカーに関する情報をお届けします。ぜひお気に入りの記事を見つけてください。



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    ホントに残念

    1 3倍理論 ★ :2018/02/21(水) 22:39:43.87 ID:CAP_USER9.net

    俳優の大杉漣さんが21日、急性心不全のため66歳で急死した。

     徳島県小松島市出身の大杉さんは、サッカーJ2徳島ヴォルティスを前身の大塚製薬時代から熱心に応援。関東近県のアウェー戦のみならず、徳島のホームや遠方のアウェー戦にもスタジアム観戦に駆けつける熱烈なサポーターとして知られた。そのため、突然の訃報には徳島ヴォルティスサポーターや他クラブのサポーターからもツイッター上などで悲痛な声が続出。「徳島ヴォルティス」がツイッターのトレンドにも上がった。

     ツイッターでは「同士を亡くした感じで心に穴があいてます」「どうか天国から徳島ヴォルティスを、Jリーグを応援してください」「終身名誉徳島ヴォルティスサポーター大杉漣、永遠に。。。」「開幕勝利を観たかっただろうに」など大杉さんを悼む声が次々に上がり、「徳島ヴォルティスには大杉さんの魂を胸にぜひJ1に昇格してほしい!」「徳島ヴォルティスは絶対に昇格しないと」と5年ぶり2度目のJ1昇格を願う声も。徳島は2013年にJ1昇格プレーオフを制して四国初のJ1昇格を果たしたが、1年で降格。今季は25日にホームで行われるJ2開幕戦で岡山と対戦する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000144-spnannex-socc


    【大杉漣さん急死「開幕勝利を観たかっただろうに」開幕4日前、徳島サポーター悲痛】の続きを読む



    (出典 www.mycerezo.jp)


    セレッソ最近ホントにいいチームだな

    1 shake it off ★ :2018/02/21(水) 21:00:36.02 ID:CAP_USER9.net

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループステージ第2節が21日に行われ、セレッソ大阪(日本)と広州恒大(中国)が対戦した。

     前節試合終了間際に水沼宏太のゴールで勝ち点3を奪ったC大阪は、先発出場の2トップを柿谷曜一朗と杉本健勇から、山村和也とヤン・ドンヒョンに変更した。

     前半は広州にチャンスを作られる。14分、ソウザが頭でキム・ジンヒョンにバックパスを送るも、アランに奪われてループシュートを放たれる。しかし、キム・ジンヒョンが冷静に抑えて、ゴールを許さない。さらに17分、自陣深い位置でパスを回されると、ペナルティエリア中央で受けたアランにDFをかわされて、シュートを放たれた。このシュートはゴールのわずか右にそれて、危険なピンチを脱した。

     後半に入るとC大阪にチャンスが訪れる。33分、左サイドからのCKを得ると、丸橋祐介のクロスにソウザが頭で合わせてネットを揺らした。しかし、直前にマテイ・ヨニッチがオフサイドの判定を受けていたことで、ゴールを記録することはできなかった。

     その後、柿谷と杉本を投入してC大阪が広州を攻め立てるも最後までゴール奪えず、今季初のホームでの試合をスコアレスドローで終えた。C大阪は次節、3月6日にブリーラムと対戦する。

    【スコア】
    セレッソ大阪 0-0 広州恒大

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00718867-soccerk-socc


    【標準は開幕戦? FWチェンジでC大阪はACLで連勝ならず…】の続きを読む



    (出典 ironna.jp)


    代表復帰か

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/02/21(水) 08:52:14.30 ID:CAP_USER9.net

    本田を生チェック 特命受け手倉森コーチメキシコへ
    2018年2月21日7時42分
    https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/201802200000704_m.html

    (出典 www.nikkansports.com)

    日本サッカー協会の手倉森誠コーチ

     日本代表の手倉森誠コーチ(50)が20日、メキシコ1部パチューカFW本田圭佑(31)の状態を確認するため出国した。

     現地ではリーグ戦1試合とメキシコ杯2試合を視察予定。昨年9月のW杯ロシア大会アジア最終予選サウジアラビア戦を最後に代表から遠ざかる本田を、
    3月のベルギー遠征(23日マリ戦、27日ウクライナ戦=ともにリエージュ)に招集するのかどうか。現在リーグ後期の全8試合に先発し、3得点4アシストと好調の男を生で見極める。

     手倉森コーチは「クラブ関係者とも話をさせてもらう」と明かし、より詳細に近況をつかむため羽生直行通訳(42)も同行。練習も見学し、アロンソ監督ら首脳陣から情報を集める。本人とは面談や会食を予定。

     ハリルホジッチ監督から本田の試合を映像で見た感想を預かっており「本人に伝えたい」と特命も担う。香川、清武ら負傷者が相次ぐ中で本田への期待が相対的に膨らんでいるようだ。

     日本協会は、本田が負傷していた昨年8月に医療スタッフを派遣したことはあったが、コーチを送り込むのは初めて。
    昨年12月に国内組で優勝を逃した東アジアE-1選手権の後、すぐのミーティングでハリルホジッチ監督から本田チェックを命じられたという。
    指揮官も、同月の離日時に「(メンバー選考に)偶然性がないよう、メキシコにもスタッフを派遣する準備はある」と話していた。
    それを受け、橋渡し役を任された手倉森コーチは「代表から離れすぎて、今の圭佑が何を思い描いているのか分からない。聞いて持ち帰りたい」と思いを確かめる。

     一方、欧州組視察中のハリルホジッチ監督ら外国人スタッフが不在で、自身も23~25日のJ1開幕戦を見られないことに
    「心苦しいが、いいW杯イヤーの入り方をしてほしい。平昌(五輪)が終わればロシア。サッカーで日本を元気にする意欲を、サッカーにかかわる全員が持ってほしい」
    と国内組も気にかけて、機上の人になった。【木下淳】


    【特命受け手倉森コーチメキシコへ!】の続きを読む

    このページのトップヘ