くろnews サッカー速報

サッカーに関する情報をお届けします。ぜひお気に入りの記事を見つけてください。



    (出典 i.ytimg.com)


    お互いに高め合って欲しいな

    1 Egg ★ :2018/03/15(木) 14:57:47.13 ID:CAP_USER9.net

    3.14 ルヴァン杯GL第2節 浦和1-4G大阪 埼玉]

     17歳がプロ初ゴールを決めた約40分前、16歳はトップチーム初ゴールを記録していた――。

     後半開始から出場したガンバ大阪FW中村敬斗は、3-1とリードして迎えた同42分に待望のプロ初ゴールを奪取する。縦パスを受けると、鮮やかなターンでDF槙野智章を抜き去り、自陣から一気に敵陣PA内まで持ち込む。目の前に立ちふさがったMF阿部勇樹を右にかわしてコースを生み出すと、ニアを抜く強烈なシュートを突き刺した。

     そして、約40分前、年代別代表でチームメイトとなるFC東京FW久保建英がトップチーム初ゴールを奪っていた。このことを「先輩から聞いた」という中村は、「久保選手もプロで試合を重ねていたので、『そろそろ絶対に決めるだろう』と分かっていたし、そろそろ、自分も決めておかないとと思っていた」と同年代の選手の動向を気にしていたようだ。

     自身がゴールを奪った際には「あいつよりも先に決めた」と思ったようだが、久保の方が一歩先にゴール。しかも、1-0の決勝ゴールだったことで、微妙な表情を浮かべる。それには理由があった。「今日は4点目でダメ押しゴールだったし、1点を返されて流れが悪い状況でのゴールだったので良かったと思う。けど、決定的な決勝ゴールや同点ゴール、逆転ゴールを狙っていきたい」。ゴールは当然うれしいが、FWとしてチームの結果に直結するゴールを決めたいという気持ちがあるからこそ、そのゴールを先に久保に決められたことで苦笑するしかなかったようだ。

     普段から「この間は惜しかったな」「次、決めろよ」とラインでやり取りする仲であり、「お互いにゴールを決められたのは、すごくうれしいことだし、これからにつながる」と笑顔を見せる。今後も切磋琢磨しつつ、お互いの成長につなげていく。

    3/14(水) 23:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-01651500-gekisaka-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【<FW中村敬斗と16歳MF久保建英>お互い切磋琢磨し合える関係】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)


    呼んでほしかったな

    1 Egg ★ :2018/03/15(木) 23:22:22.83 ID:CAP_USER9.net

    好調を維持するエイバルMF乾貴士、そして負傷から復帰を果たしたレスター・シティFW岡崎慎司。
    しかし、2人の名前は15日に発表されたベルギー遠征を行う日本代表メンバーの中にはなかった――。

    エイバル在籍3年目を迎えた乾はチームの主軸として過ごし、リーガ・エスパニョーラ第28節終了時点で27試合(先発26試合)に出場。
    バルセロナやレアル・マドリーというビッグクラブを相手にも果敢なドリブル突破と高度な技術を駆使して好機を演出するなど、存在感も示している。

    しかし、日本代表でポジションを争う上でバヒド・ハリルホジッチ監督が、現時点で足りないと感じているものがあった。それが得点力だ。

    今季リーガで4得点を奪っている乾だが、第16節バレンシア戦でシーズン初得点、続く第17節ジローナ戦で2得点を奪ったものの、その後は沈黙が続いた。
    ゴール前に侵入して決定機に顔を出すものの、肝心なゴールが生まれない。9試合ノーゴールが続き、第27節デポルティボ戦でようやく18年初弾となるシーズン4点目を奪った。

    「得点を取る、取らせることが基準になる」とハリルホジッチ監督が語ったように、日本代表の左ウイングに入るには得点力が求められる。

    今遠征でメンバーに入ったFW原口元気は、所属クラブでは脳震盪の影響で数試合欠場したものの、18年に入って1得点2アシストを記録。
    FW宇佐美貴史は4試合連続ゴール中と絶好調で、FW中島翔哉も18年に入って3得点3アシストと結果を残している。

    「乾に関しては、元気、宇佐美、中島を彼の代わりに選んだ。1年前に良かった選手をずっと信頼し続けるのではなく、現在良い選手を選択しなければならない」。
    今回は数字を残すと判断された3選手が選出されたものの、「乾は候補の中に入っている」と指揮官が話したように、エイバルで結果を残し続けることが代表復帰につながるだろう。

    また、CFのポジションではFW小林悠、FW杉本健勇、FW大迫勇也の3選手がメンバーに名を連ねたが、「岡崎とは違うクオリティを持っている。
    より、得点を取れる選手ということが、まずはある」とここでも選出の基準の一つが“得点力”であることを強調。岡崎が代表復帰を果たすにも、まずはレスターでゴールを奪うことが近道となりそうだ

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    3/15(木) 18:30配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-01651532-gekisaka-socc


    【好調維持のMF乾が選外… 理由は得点力?】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    順当かな

    1 久太郎 ★ :2018/03/16(金) 06:57:21.98 ID:CAP_USER9.net

    [3.15 EL決勝T2回戦第2戦 アーセナル3-1ミラン]

     ヨーロッパリーグ(EL)は15日、決勝トーナメント2回戦第2戦を行った。エミレーツ・スタジアムではアーセナル(イングランド)とミラン(イタリア)が対戦。3-1で勝利したアーセナルが2試合合計5-1で8強入りを決めた。なお、組み合わせ抽選会は16日に行われる。

     アウェーでの第1節を2-0で先勝したアーセナルは、11日のプレミアリーグ第30節ワトフォード戦(3-0)から7人を変更。前回対戦からは2人を入れ替え、DFナチョ・モンレアルとDFエクトル・ベジェリンが先発起用された。対するミランは、11日のセリエA第28節ジェノア戦(1-0)、前回対戦からそれぞれ先発3人を変更。MFリカルド・モントリーボとFWアンドレ・シウバ、FWファビオ・ボリーニがスターティングメンバーに名を連ねた。

     開始早々の前半1分、右サイドの深い位置にパスをつなぎ、ボリーニのグラウンダーのクロスをA・シウバが右足で合わせ、逆転に向けて良い入りをみせたミラン。だが、アーセナルの高い位置からのプレッシャーを受け、なかなか決定的なシーンを作り出すことができない。

     ボールの主導権を握るアーセナルは、前半5分にMFヘンリク・ムヒタリアンの右CKからDFローラン・コシールニーがヘディングシュート。これは枠を大きく外れたが、この際に左わき腹あたりを痛めたようで、しばらくプレーを続けたが、11分にDFカルム・チャンバースとの交代を余儀なくされた。

     試合は前半36分に動いた。劣勢のミランはDFリカルド・ロドリゲスの横パスをPA左手前で受けたMFハカン・チャルハノールが思い切りよく右足を一閃。“FKの名手”が右にカーブしながら鋭く落ちるミドルシュートをゴール右隅に沈め、ミランが先制に成功した。

     しかし、アーセナルがすぐに追いつく。前半38分、ムヒタリアンのスルーパスでPA右に抜け出したFWダニー・ウェルベックがR・ロドリゲスに倒され、PKを獲得。これをウェルベック自らゴール左に決め、同点とした。アディショナルタイム1分には、ウェルベックの折り返しをムヒタリアンがヘッド。2分にはMFジャック・ウィルシャーが左足ミドルを放つなど、前半終盤に猛攻を仕掛けたが、一気に逆転とはならなかった。

     2戦合計3-1と試合を優勢に進めるアーセナル。後半5分、PA左へMFメスト・エジルが出したパスをムヒタリアンが右足ダイレクトでニアを狙うが、GKジャンルイジ・ドンナルンマがストップ。11分には、右サイドのハーフェーライン付近でボールを奪い、右サイドを抜け出したエジルが中央へ折り返す。ウェルベックが相手を引き付けて空いたスペースにMFアーロン・ラムジーが飛び込んだが、右足シュートはクロスバー上を越えていった。

     後半14分にミランの決定機が訪れる。右サイドからMFスソがクロスを入れ、FWパトリック・クトローネが体を倒しながらうまく右足ボレーを放ったが、わずかにゴール右。22分には、クトローネに代わってFWニコラ・カリニッチを入れ、直後にDFレオナルド・ボヌッチのセンタリングからカリニッチが頭で合わせたが、GKダビド・オスピナの正面を突いた。

     互いに1枚交代カードを使って迎えた後半26分、ラムジーのパスを受けたMFグラニト・ジャカがPA右手前から左足を振り抜く。低い弾道のシュートがゴール右下を捉え、GKドンナルンマが弾いたボールが左サイドネットに吸い込まれ、2-1。アーセナルが試合をひっくり返した。

     アーセナルは後半32分、ミランのA・シウバのヘディングシュートがDFシュコドラン・ムスタフィに当たって枠内に飛んだが、GKオスピナが好セーブ。41分には、途中出場のMFモハメド・エルネニーの縦パスが起点となって、PA左からウィルシャーが上げたクロスをラムジーがヘッド。GKドンナルンマが弾いたボールをウェルベックが頭で押し込み、3-1で逆転勝ち。2試合合計5-1とし、アーセナルが準々決勝進出を決めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-01651548-gekisaka-socc


    【アーセナルがELベスト8進出!ウェルベック2発、ジャカ逆転弾でミラン連破】の続きを読む

    このページのトップヘ