くろnews サッカー速報

サッカーに関する情報をお届けします。ぜひお気に入りの記事を見つけてください。



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    ちょっと楽しみ

    1 Egg ★ :2018/03/16(金) 05:57:44.80 ID:CAP_USER9.net

    期待のドリブラーが初選出された。ハリルホジッチ監督は中島について「長い間追跡してきた。ドリブラーでこんなに俊敏で爆発的なものを持っている選手はなかなか日本にいない」と攻撃面を高く評価した。

     切れ味鋭いドリブルを武器に16年リオデジャネイロ五輪では10番を背負い、1次リーグ全3戦に出場。コロンビア戦では鮮やかなループ弾を決めた。かねて海外志向が強く、昨年8月にポルトガル1部ポルティモネンセへの期限付き移籍が決定。初の海外挑戦ながらすぐに順応し、今季のリーグで9得点6アシストと大ブレークした。今冬の移籍市場では、ポルトガルの強豪ポルトやMF香川が所属するドルトムントが獲得に興味を示していると、複数の地元紙が報じたほどだった。

     「前線の左サイドのオプションがあまりない」と頭を悩ませてきたハリルホジッチ監督は、日本代表のボヌベー・コーチを計3度ポルトガルに派遣し、状態をチェックさせた。今月のスタッフ会議でも中島に対する高評価が再確認されW杯3カ月前のタイミングで初招集に至った。

     指揮官はアルジェリア代表を率いた4年前も当時無名だったMFマフレズ(レスター)を見初め、ブラジル大会の同国代表に抜てきした。A代表未経験の中島にも同じように期待を示し、「中島は爆発的なスピードを持っているから1対1で抜けるのでは。このようなプレーは我々の選手はなかなか出せない」と、違いを生み出すことを求めた。今回の欧州遠征では本大会で対戦するセネガル、ポーランドを想定した2カ国と対戦。指揮官の期待に応えた時、夢のロシアはぐっと近づく。

     ◆中島 翔哉(なかじま・しょうや) 1994年(平6)8月23日生まれ、東京都八王子市出身の23歳。04年から東京Vの下部組織に加入。12年からトップチームに登録され、14年はFC東京からJ2富山に期限付き移籍。同8月にFC東京に復帰した。昨年8月、FC東京からポルティモネンセに期限付き移籍。16年リオデジャネイロ五輪代表など各年代別代表に選出されてきた。利き足は右。1メートル64、64キロ。

    2018年03月16日 05:30
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/03/16/kiji/20180315s00002014468000c.html

    写真

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【サッカー】<日本代表>好調維持のMF乾が選外、FW岡崎とともに足りなかったのは…“得点力”
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521123742/


    【中島翔哉、ハリルホジッチがベタ褒め! なかなか日本にはいない選手】の続きを読む



    (出典 i0.wp.com)


    宇賀神かい

    1 豆次郎 ★ :2018/03/15(木) 18:27:58.04 ID:CAP_USER9.net

    欧州遠征に臨む日本代表メンバー発表! 本田圭佑が復帰、中島翔哉を初招集
    3/15(木) 15:25配信

     日本サッカー協会は15日、欧州遠征に臨む日本代表メンバー26名を発表した。
     日本代表は3月23日にマリ代表、3月27日にウクライナ代表と対戦する。


     以下、日本代表に招集されたメンバー26名。

    ■GK
    川島永嗣(FCメス/フランス)
    東口順昭(ガンバ大阪)
    中村航輔(柏レイソル)

    ■DF
    ▼サイドバック
    酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
    遠藤航(浦和レッズ)
    長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
    車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
    宇賀神友弥(浦和レッズ)

    ▼センターバック
    昌子源(鹿島アントラーズ)
    植田直通(鹿島アントラーズ)
    森重真人(FC東京)
    槙野智章(浦和レッズ)

    ■MF
    三竿健斗(鹿島アントラーズ)
    長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
    山口蛍(セレッソ大阪)
    大島僚太(川崎フロンターレ)
    柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
    森岡亮太(アンデルレヒト/ベルギー)

    ■FW
    本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
    久保裕也(ヘント/ベルギー)
    宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
    原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
    中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
    大迫勇也(ケルン/ドイツ)
    杉本健勇(セレッソ大阪)
    小林悠(川崎フロンターレ)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00728888-soccerk-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1がたった時間:2018/03/15(木) 15:26:14.42
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521100288/


    【中島が初招集!意外な顔ぶれも?】の続きを読む



    (出典 grapee.jp)


    呼ばれるかなぁ…

    1 Egg ★ :2018/03/15(木) 06:05:00.08 ID:CAP_USER9.net

    3月8日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)ドルトムント対ザルツブルク戦の試合後、久々に公の場に現れた香川真司の姿には、少なからず驚かされた。

     南野拓実と言葉をかわすためにピッチに出てきた香川の左足首には、大がかりな固定装具が装着されていた。従来のギプスとはちょっと違う、最新のギプスといえばいいのだろうか。プラスチックと緩衝材でできた取り外し可能なタイプの装具で、がっちりと固定されている。それでも左足には完全に体重を乗せることができないのだろう。バランスをとるように慎重に歩いていた。

     香川が負傷したのは2月10日のハンブルガーSVとの試合中だった。攻撃時に、相手と接触をしたわけでもなく、突然、プレーを止めた。痛みに顔を歪めてはいたが、自力でピッチから出たこともあり、ドイツでもあまり大きく報道されることはなかった。その後、クラブからも特に発表はなく、約1カ月がすぎた。この間、香川の姿を見た者はほとんどいない。

     ケガの状態や復帰に関しての情報といえば、負傷直後のアジアチャンピオンズリーグの試合会場で、西野朗日本サッカー協会技術委員長が「2、3週間かかるらしい」と漏らしたことぐらい。地元記者たちもほとほと困り果てていた。

     だが、3月8日に本人が姿を見せると、翌日にはペーター・シュテーガー監督が香川について口を開いた。11日のフランクフルト戦を前にした定例会見の席上、「あと2、3週間かかるが、それよりも早く回復することを望んでいる。いくつかのケガを併発していた」と明かしたのだ。

     そして11日のフランクフルト戦の後、ついに香川がミックスゾーンに姿を現した。

     対戦相手のフランクフルトには長谷部誠もいる。そこに現れれば、ドイツ人記者だけでなく、日本の報道関係者の目にもさらされ、コメントを求められることになる。もちろんコメントを断ることは可能だし、実際に、過去の不調時などにはノーコメントで通すこともあった。

     だが、この日の香川はここまでケガに関する情報が漏れてこなかったのが嘘のように、堂々とメディアに対応した。

    つづく

    3/14(水) 8:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180314-00010000-sportiva-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【<ギプス姿の香川真司が語る近況>「1カ月遅かったらW杯は無理だった」】の続きを読む

    このページのトップヘ