くろnews サッカー速報

サッカーに関する情報をお届けします。ぜひお気に入りの記事を見つけてください。

    カテゴリ: J2

    • カテゴリ:


    (出典 pbs.twimg.com)


    だいぶ有名になったな

    1 Egg ★ :2018/01/30(火) 12:40:10.36 ID:CAP_USER9.net

    バルセロナから中国1部の河北華夏に移籍した33歳のアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、松本山雅の「2018シーズン新体制発表会」の様子を撮影した動画をツイッターを通じて拡散した。同選手のフォロワーは約770万いるため、その影響力は絶大。世界各国のメディアが取り上げている。

     事の発端はアルゼンチンメディア『Diario Ole』だ。同メディアがツイッターを通じて松本の「2018シーズン新体制発表会」の動画をツイッター上で発信。これをマスチェラーノが「Espectacular!!!」とのコメントと共にリツイートして広まった。

     マスチェラーノのフォロワー約770万人に加え、『Diario Ole』のフォロワー約260万人を合わせると1000万人を超える。当然、世界各国のメディアが取り上げた事で、計り知れないほどの世界の人々に知れ渡ったことになる。

     動画の中では、松本の応援歌「勝利の街」が歌われている。アルゼンチンメディア『minutouno』によると、原曲はアルゼンチン出身のラ・モナ・ヒメネス氏が歌う「beso a beso(ベソ・ア・ベソ)」だという。そのような経緯があり、アルゼンチンメディアも注目したようだ。

    1/30(火) 11:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180130-00253674-footballc-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【Jリーグの応援歌が世界的有名に⁉︎ 広めてくれたのはあの人…】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 www.avispa.co.jp)


    貰えるなら欲しいなぁ

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/01/29(月) 20:07:51.98 ID:CAP_USER9.net

    J2福岡、開幕戦でTシャツ無料配布へ 集客策第1弾 サポーター70人とミーティング
    1/29(月) 11:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00010006-nishispo-socc

    (出典 lpt.c.yimg.jp)

    サポーターに経営状況などを説明するアビスパ福岡の川森社長

     J2アビスパ福岡の川森敬史社長らクラブ幹部が28日、福岡市の雁の巣球技場でサポーター約70人とミーティングを開き、
    今季の集客策第1弾として2月25日の開幕戦、岐阜戦(レベスタ)で来場者にTシャツを無料配布するプランを明かした。サポーターから寄せられた要望を受けて準備を進めており、後日正式に発表するという。

     この日のミーティングでもサポーターから「子どもたちは肌身に着ける物に興味を持つ。学校にも着ていけばクラスメートの関心も高まる」と意見が出た。
    山口均ホームタウン推進・企画部部長はTシャツについて「以前から検討し、子どもたちが普段から着ていただけるようなデザインで考えています」と説明した。
    昨年はホームで1試合平均1万人の入場者数を目指したが、9550人とわずかに届かなかった。川森社長は「(今年も)平均1万人が最低目標。1人がもう1人誘っていただければ」とお願いした。


    【アビスパ、集客作戦決行!第1弾はなんと⁉︎…】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    すごい完成度

    1 Egg ★ :2018/01/29(月) 06:38:53.18 ID:CAP_USER9.net

    サッカー・J2水戸ホーリーホック初の本格的なクラブハウスとなる城里町七会町民センター(愛称・アツマーレ)が同町小勝に完成し、竣工(しゅんこう)式が28日開かれた。Jリーグで唯一の廃校活用のクラブハウスで、旧七会中を改修。七会公民館、町役場支所の機能が一体化され、サッカーグラウンド、体育館も備える。式には上遠野修町長、Jリーグの村井満チェアマンらが出席し、大きな一歩を祝った。

    昨年7月に着工した旧校舎部分は築19年とまだ新しく、延べ床面積2975平方メートル。クラブハウスは選手用のシャワー室や更衣室、トレーニングルーム(町民は無料で利用可)、監督室、クラブ用事務室、プレスルームなどの部屋がそろう。同3月着工の旧校庭部分は、散水設備のある芝生のサッカーグラウンドに生まれ変わった。

    総改修費は約3億2755万円。国から大半が償還される合併特例債などを財源に、町の実質負担は2割強の約8千万円に抑えた。

    J2水戸の現練習拠点は水戸市水府町の那珂川河川敷とその周辺で、グラウンドは冠水被害に遭いやすく、芝生の散水設備がないなど難点を抱える。クラブハウスも選手寮の役割が主で機能を十分に果たせず、拠点整備は悲願だった。

    この状況を踏まえ、上遠野町長が2015年3月に閉校した旧七会中の活用をJ2水戸の沼田邦郎社長に打診。16年2月に住民懇談会で構想を示し、関係予算の成立を目指してきた。グラウンドの追加工事の契約を巡り、町議会で2度否決されるなど紛糾したが、式直前の17日に可決された。

    式には町やJ2水戸の関係者ら約100人が出席。上遠野町長は「アツマーレをきっかけに城里を知って来てもらい、好きになってもらいたい」と期待を寄せ、沼田社長は「(この地で)J1を目指す。世界に通じる選手を育て、地域の皆さんと歩んでいく」と力強く語った。村井チェアマンは式後の取材に「全54クラブでトップクラスの設備。高齢化し人口が減る日本で(廃校利用の同施設は)モデルになる」と話した。

    アツマーレのクラブハウスとグラウンドは、J2水戸が沖縄キャンプを終える2月13日以降に供用開始。支所、公民館は同日から利用できる。(今井俊太郎)

    1/29(月) 4:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000001-ibaraki-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【Jリーグ最高のクラブハウス完成! アイデアが素晴らしすぎるww】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 everyday-e-news.com)


    おかえり

    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/01/22(月) 13:58:52.07 ID:CAP_USER9.net

    カズと18年ぶり共演なるか…松井大輔がJ復帰!横浜FCへ完全移籍で加入
    1/22(月) 13:30配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000015-goal-socc

    横浜FC加入が決定した松井大輔(C)J.LEAGUE

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    横浜FCは22日、ポーランド2部のオドラ・オポーレより元日本代表MF松井大輔が完全移籍で加入することを発表した。

    現在36歳の松井は、2000年に鹿児島実業高校から京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)に加入。プロ1年目から早速戦力となり、リーグ戦22試合で1得点を記録。京都には、海外へ移籍する2004年まで5シーズン在籍。松井が京都に加入した当時は、現在横浜FCでプレーするFW三浦知良も在籍していた。

    2004年のアテネ・オリンピックでは、U-23日本代表の10番を背負い、同年にフランスのル・マンへ期限付き移籍で加入。「ル・マンの太陽」と称されるまで、チームの躍進に大きく貢献すると、2005年に完全移籍。その後サンテティエンヌ、グルノーブルといったフランスのクラブを渡り歩き、2010年にはロシアプレミアリーグにも挑戦。

    2012年からはブルガリアやポーランドのクラブに在籍。そして、2014年にジュビロ磐田へ加入し、10年ぶりのJリーグ復帰を果たした。しかし、松井の挑戦は終わらない。昨季途中からポーランド2部リーグのオドラ・オポーレへ完全移籍。

    磐田退団時に松井は「この年齢での海外移籍は、無謀と言われるかもしれませんし、失敗するかもしれませんが、挑戦すること、挫折することは自分の財産になると僕は思っています。自分の道は誰も歩めない。前進あるのみ」とコメントし、36歳にして新たな海外挑戦を試みた。

    当時、京都で共に戦ったキング・カズと再会することとなった松井。18年を経て再開したベテラン2人がどんな融合を見せるのか、注目が集まる。


    【カズと18年ぶり共演⁉︎松井大輔がJ復帰!】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 contents.gunosy.com)


    寂しいな

    1 北村ゆきひろ ★ :2018/01/17(水) 22:48:03.46 ID:CAP_USER9.net

    J2徳島ヴォルティスは17日、コスタリカ代表経験があるGKダニー・カルバハル(29)をスペイン2部リーグのアルバセテから期限付き移籍で獲得したと発表した。

     移籍期限は12月31日。

     カルバハルはチームのホームページで「はじめまして。ダニー・カルバハルです。今回は徳島ヴォルティスでプレー出来る機会を頂き大変嬉しく思っております。
    チームの目標を達成するため、全力でプレーすることを約束します。応援よろしくお願いします。」とコメントした。

    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201801170000640.html


    【J2でも日本のGKいなくなっていく…】の続きを読む

    このページのトップヘ