くろnews サッカー速報

サッカーに関する情報をお届けします。ぜひお気に入りの記事を見つけてください。

    カテゴリ: W杯



    (出典 www.tottenhamhotspur.com)


    確かに今はパッとしないな

    1 数の子 ★ :2018/03/01(木) 21:42:26.32 ID:CAP_USER9.net

    元イングランド代表のテディ・シェリンガム氏は、同国代表がロシアワールドカップで好成績を収めるとは考えていない。英紙『デイリー・メール』で語った。

     現役時代にマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムなどで活躍したシェリンガム氏は、現在のイングランド代表のタレント不足が深刻だと感じている。

     ロシアワールドカップで良い結果を残せるかと問われた同氏は「正直なところ、ノーだ」と返答した。

     シェリンガム氏は「ワールドカップで優勝しようと思ったら、少なくとも2、3人はワールドクラスの選手が必要だ。ただ、イングランドには(トッテナムFWハリー・)ケインだけだね」とコメントしている。

    「ほかのメンバーを見てみよう。良い選手はいる。だが、チームにも入れていない選手もいる。それはイングランドサッカーにとって厳しいことだ」

     ワールドカップ欧州予選では8勝2分けの無敗と抜群の安定感を見せたイングランド。本大会ではどこまで勝ち進めるだろうか。

    フットボールチャンネル編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180301-00258612-footballc-socc


    【イングランド代表、WC苦戦すると予想… Wクラスが1人だけに】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    カタールよりアメリカかな

    1 Egg ★ :2018/02/25(日) 23:12:57.19 ID:CAP_USER9.net

    国際サッカー連盟(FIFA)は、2022年ワールドカップの開催を予定しているカタールから開催権を剥奪することを検討しており、イングランドあるいはアメリカが代替開催地の候補であるという。独誌『フォーカス』が23日付で伝えた。

     ロシアで行われる今年の大会に続いて、4年後にはカタールでワールドカップが開催される予定となっている。だが、両大会の開催国が決定された投票をめぐって票の買収などの汚職が行われ、不正な形で開催国が決定されたのではないかという疑惑が持たれている。

     また、ワールドカップ開催に向けたスタジアム建設の労働者の環境が劣悪であり人権を侵害しているとの批判や、酷暑の気候が大会にもたらす影響、カタールが昨年6月にサウジアラビアなど周辺諸国からの国交断絶措置を受けたことなど、様々な不安要素を抱えた大会となっている。

    『フォーカス』がサウジアラビア外相の周辺筋からの情報として伝えたところによれば、カタールはワールドカップ開催権を剥奪される危機に立たされているという。FIFAはロシア大会終了後の今年9月にその決定を下す見通しだとされている。

     代替開催国としては、開催地決定時の決選投票でカタールに敗れたアメリカ、あるいはイングランドが有力だと伝えられている。もしアメリカで開催されれば1994年大会以来、イングランドで開催されれば1966年大会以来でいずれも2回目となる。

    2/25(日) 21:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180225-00257951-footballc-socc


    【<FIFA>2022年W杯開催カタールからアメリカ?】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    はやくね

    1 れいおφ ★ :2018/02/17(土) 21:42:18.27 ID:CAP_USER9.net

    ブラジル代表が異例の速さで、2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨む代表メンバー15名を発表した。
    16日付で、アメリカ紙『スポーツ・イラストレイテッド』など複数のメディアが伝えている。

    今回、ブラジル代表監督であるチッチ監督は、W杯登録選手23名のうちの15名のメンバーを異例の早期発表。

    多くはパリ・サンジェルマンに所属するネイマールやバルセロナに移籍したフィリペ・コウチーニョなど、代表チームに欠かせない“主力級”の選手たちだ。
    一方で、残り8名の代表メンバーに関しては未定としており、3カ月後に改めて正式発表する予定だと報じられた。

    ブラジル代表は5月下旬に開催国ロシア代表と強豪ドイツ代表との親善試合を行い、本大会に臨む。
    同代表はグループEに入り、セルビア代表、スイス代表、コスタリカ代表と決勝トーナメントをかけて争うことになっている。
    南米予選を12勝5分け1敗という圧倒的な強さで突破した同代表。6回目のW杯制覇に向けて、着々と準備を進めている。

    今回発表された代表メンバー15名は以下の通り。

    ▽GK
    アリソン(ローマ)

    ▽DF
    ダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン)
    マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)
    チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン)
    ミランダ(インテル)
    マルセロ(レアル・マドリード)

    ▽MF
    カゼミーロ(レアル・マドリード)
    レナト・アウグスト(北京国安)
    パウリーニョ(バルセロナ)
    フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)

    ▽FW
    ネイマール(パリ・サンジェルマン)
    フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)
    ウィリアン(チェルシー)
    ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C)
    ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)

    https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20180217/716617.html
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/02/17/kiji/20180217s00002000345000c.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-01650628-gekisaka-socc


    【ブラジル代表、W杯本大会に臨むメンバー15名を異例の早さで発表ww】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)


    上がらないな

    1 豆次郎 ★ :2018/02/15(木) 18:20:30.97 ID:CAP_USER9.net

    2/15(木) 18:13配信
    世界上位17カ国に変動なし、ドイツか6回連続で1位の座を死守

     国際サッカー連盟(FIFA)は15日、最新のFIFAランキング(2月分)を発表した。


     1月の発表時に56位だった日本は55位に浮上したものの、アジア三番は変わらなかった。アジア全体では、イランが34位から33位となり依然としてトップをキープ。オーストラリアは36位で変わらず、前回同様にアジア二番手となった。前回59位の韓国は58位、同65位のサウジアラビアは64位。6月のロシア・ワールドカップに出場する5カ国がアジア上位を占めた。

     世界の上位国では、ドイツが9月発表分から6回連続1位でトップの座を死守。2位ブラジル、3位ポルトガル、4位アルゼンチン、5位ベルギーをはじめ、上位17カ国に変動はなかった。

     また6月のロシア・ワールドカップ出場32か国で見ると日本は29番手となり、その下は韓国、ロシア、サウジアラビアとなっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00010018-soccermzw-socc


    【最新FIFAランク発表! 日本、W杯格上しかいない…】の続きを読む



    (出典 footwall.verse.jp)


    シェフチェンコ監督なんだよね

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/02/09(金) 12:13:07.61 ID:CAP_USER9.net

    マリ、ウクライナと対戦=3月の欧州遠征―サッカー日本代表
    2018年02月09日11時54分
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000066-jij-spo

     日本サッカー協会は9日、日本代表の3月の欧州遠征でマリ代表(23日)、ウクライナ代表(27日)が対戦相手に決まったと発表した。会場はともにベルギーのリエージュ。

     ワールドカップ(W杯)メンバー決定前の最後の強化試合となる予定。両国ともW杯には出場しないが、マリは1次リーグH組で対戦するセネガル、ウクライナはポーランドを想定した戦いになる。
    ハリルホジッチ監督は「マリはスピード、フィジカルの強さが長所。ウクライナは典型的な東欧のサッカーをする。本大会のメンバー構成を見極める大事な機会となる」と談話を出した。

     FIFAランキングは日本の56位に対し、初対戦となるマリは71位、過去1勝1敗のウクライナは35位。ウクライナはかつてのエースストライカーのシェフチェンコ監督が率いている。 


    【マリ、ウクライナと対戦!W杯向けて準備万端!】の続きを読む

    このページのトップヘ