くろnews サッカー速報

サッカーに関する情報をお届けします。ぜひお気に入りの記事を見つけてください。

    カテゴリ: ブンデスリーガ



    (出典 f.image.geki.jp)


    移籍金は香川より大分違うな

    1 Egg ★ :2018/02/26(月) 06:21:28.26 ID:CAP_USER9.net

    ポルトガル1部のポルティモネンセで活躍を続ける日本人FW中島翔哉にドルトムントが興味を示しているという。

    中島は今季リーグ戦でチーム2位となる9得点を記録しており、評価が急上昇している選手だ。それでも世界のサッカーファンはまだ中島のプレイをしっかりと見たことがないだろう。

    ポルトガルには優秀なタレントが揃うが、中島が所属するポルティモネンセは中位のクラブだ。世界から注目されるポルトやスポルティング・リスボンとは違いがある。若い日本人選手にそれだけの価値があるのか疑問もあるはずだ。

    ただし、ドルトムントサポーターの場合は別だ。なぜならドルトムントでは日本代表MF香川真司が日本人アタッカーのクオリティの高さをすでに証明してくれている。独『Sport』は中島のことをNewカガワと呼んでおり、新たに出てきた若き日本の才能に注目している。

    中島にはドルトムントの他にもブンデスリーガのヴォルフスブルク、シュツットガルト、フランクフルトも興味を示していると伝えられている。シュツットガルトでは浅野拓磨、フランクフルトでは長谷部誠がプレイしているが、やはり日本人アタッカーとして香川はブンデスリーガでも特別な存在として見られている。Newカガワと言われればドルトムントサポーターも中島を歓迎するだろう。

    同メディアは違いがあるとすれば獲得にかかる資金だと主張しており、中島の獲得には違約金2000万ユーロが必要と見られている。一方でセレッソ大阪から香川がドルトムントに移籍した際に発生したお金は僅か35万ユーロだった。同メディアは「中島は香川のようにバーゲンではない」と伝えており、そこは大きな違いと言える。

    中島が23歳であることを考えると、ブンデスリーガを含め欧州五大リーグに挑戦するには最適な年齢と言えよう。香川のように旋風を巻き起こしてほしいが、Newカガワの呼び声を超えるほどのインパクトを残せるか。


    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14352487/


    【<中島は”Newカガワ”!>ドイツが注目!】の続きを読む



    (出典 s-media-cache-ak0.pinimg.com)


    うらやましい

    1 Egg ★ :2018/02/24(土) 11:48:18.75 ID:CAP_USER9.net

    鳥栖対神戸戦を香川も自宅の特大スクリーン画面で観戦、その様子をツイッターに投稿

    2018年のJリーグは史上初めて金曜開催の開幕戦となり、23日にサガン鳥栖とヴィッセル神戸が対戦し、1-1ドローの痛み分けに終わった。
    この一戦を観戦していたのがドルトムントのMF香川真司だ。公式ツイッターを更新し、特大スクリーン画面で試合を眺めている様子を投稿し、ファンから反響を呼んでいる。

    試合は開始1分すぎにすぐさま動きを見せた。神戸の最終ライン裏に抜け出そうとした鳥栖FW田川享介に対し、
    今季に浦和レッズから神戸に移籍したベテランDF那須大亮が後ろから手を掛けてPKを献上。
    これを田川が決めて、今季第1号ゴールをマークした。その後は一進一退の攻防を繰り広げるなか、後半42分に神戸FWハーフナー・マイクが同点弾を叩き込み、1-1ドローに終わった。

    この一戦がスタートした直後に公式ツイッターを更新していたのが、ドイツのドルトムントでプレーしている香川だった。
    自宅の特大スクリーン画面を写した写真をアップし、「Jリーグ開幕」と綴ると、ハッシュタグで「#Jリーグ #jleague #金J」と付け足している。

    返信欄ではファンから「でかっ!」「さすが真司くん 大きいね!」「ひぇぇデッカい画面!」「羨ましい!」など、特大画面についてのコメントが多くみられた。
    その一方で負傷離脱している香川に向けて「怪我は大丈夫ですか、、?」「早く良くなりますように」と早期復帰を望む声も上がっている。

    香川も注目していた一戦は1-1ドロー決着となったが、ファンは特大画面に驚きを隠せなかったようだ。

    2/23(金) 22:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180223-00010021-soccermzw-socc

    写真

    (出典 pbs.twimg.com)


    【<香川真司>Jリーグ開幕戦を自宅観戦! “特大画面”写真にファン驚愕「でかっ!」「羨ましい」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)


    そこから負けるのか

    1 Egg ★ :2018/02/24(土) 05:50:04.45 ID:CAP_USER9.net

    [2.23 ブンデスリーガ2部第24節 レーゲンスブルク4-3デュッセルドルフ]

    ブンデスリーガ2部は23日、第24節を行い、
    FW宇佐美貴史とFW原口元気所属のデュッセルドルフは敵地でレーゲンスブルクと対戦し、3-4で逆転負けを喫した。

    9試合ぶりに先発復帰した宇佐美は右サイドハーフでフル出場し、2戦連続ゴール。
    1ゴール1アシストの活躍で起用に応えたが、勝利には結びつかなかった。原口は3戦連続でメンバー外だった。

    試合はいきなり動いた。前半3分、デュッセルドルフはMFオリヴァー・フィンクの鋭い縦パスからFWロウヴェン・ヘニングス、
    MFベニト・ラマンと細かくパスをつなぎ、走り込んだフィンクが落とすと、ヘニングスが左足でゴール右下隅に突き刺した。

    幸先良く先制に成功したデュッセルドルフ。前節で15試合ぶりにゴールを挙げた宇佐美は9試合ぶりに先発に復帰し、抜擢に応える活躍を見せた。
    前半13分、右サイドで相手のパスミスを拾った宇佐美は右足で高精度のピンポイントクロス。ファーサイドのラマンが左足ダイレクトで叩き込み、2-0にリードを広げた。

    絶妙なアシストで得点を演出した宇佐美は好調ぶりを見せつける。
    2分後の前半15分、カウンターからDFフロリアン・ノイハウスのロングキック1本でDFラインの裏に抜け出すと、GKの頭上を抜く右足ループでネットを揺らした。

    宇佐美は2試合連続の今季4点目。2分間で1アシスト1ゴールと躍動する宇佐美は前半31分にもラマンのラストパスからPA内左で決定機を迎えたが、
    GKとの1対1を決めきれず、ドッペルパック(1試合2得点)達成とはならなかった。

    3-0に突き放したデュッセルドルフが勝利を決定付けたと思われたが、レーゲンスブルクがここから怒涛の反攻に出る。
    前半37分、ショートコーナーの流れからFWマルコ・グリューナーが1点を返すと、前半40分、右クロスをFWヨナス・ニートフェルトが右足シュートで突き刺し、1点差に追い上げた。
     
    3-2で折り返した後半もデュッセルドルフは押し込まれる展開が続き、同15分にはPKを献上してしまう。
    レーゲンスブルクはキッカーのMFマルヴィン・クノルが冷静に左足で沈めて3-3に追いつくと、後半20分にはFWサルギス・アダミアンが逆転ゴール。

    デュッセルドルフは3点のリードを守れず、3-4で逆転負けを喫した。宇佐美の活躍は結果に結びつかず、チームは直近3試合で勝利から離れている(1分2敗)。

    2/24(土) 4:28配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-01650846-gekisaka-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【<宇佐美貴史(デュッセルドルフ)>1G1Aの大活躍もまさかの結果に…】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 豆次郎 ★ :2018/02/24(土) 06:19:30.65 ID:CAP_USER9.net

    2/24(土) 6:10配信
    マインツ武藤嘉紀、ヴォルフルブルク戦で今季7得点目…巧みなダイレクトボレーで同点弾

    ブンデスリーガ第24節が現地時間23日に行われ、マインツの日本代表FW武藤嘉紀がヴォルフスブルク戦でゴールを決めた。

    武藤はこの試合でベンチスタートとなったが、1点を追う状況で41分から途中出場を果たす。すると前半終了間際の44分、左サイドを駆け上がったヘリト・ホルトマンがクロスを入れ、ゴール前で武藤は左足ダイレクトで合わせゴールを狙う。ダイレクトボレーは軽くバウンドしながらファー側の枠内へと流れ込み、これでスコアは1-1に。

    なお、武藤にとって今季リーグ戦7点目のゴールとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000067-goal-socc


    【【サッカー】マインツ武藤嘉紀、ヴォルフルブルク戦で今季7得点目…巧みなダイレクトボレーで同点弾】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)


    すごいな

    1 久太郎 ★ :2018/02/22(木) 18:15:52.94 ID:CAP_USER9.net

    フランクフルト、長谷部誠に契約延長オファー検討

    フランクフルトは24日のシュツットガルト戦で、ケビンプリンス・ボアテングが累積警告で出場できない。22日の独紙ビルトによると、代わりにオマール・マスカレルが故障から復帰。彼と長谷部誠が守備陣の前でゲームを組み立てる。

     長谷部は膝の負傷も癒えた。フランクフルトは契約延長について検討しているが、長谷部がこの調子でプレーし続ければ5月に新しいオファーが提示されるはずだ。長谷部は今後もフランクフルトでのプレーを望んでいる。

     前節ライプチヒ戦で勝利したフランクフルトは早々に残留を確定。来季に向けてリラックスして考えることができる。スポーツディレクターのブルーノ・ヒュブナーは「非常に計画しやすい。移籍市場でもこれまでとは違った形で認知されるだろう」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00132704-nksports-socc


    【34歳で契約延長オファーか⁉長谷部クラブで欠かせない存在か】の続きを読む

    このページのトップヘ