くろnews サッカー速報

サッカーに関する情報をお届けします。ぜひお気に入りの記事を見つけてください。

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ



    (出典 pbs.twimg.com)


    セビージャぼろぼろだな

    1 Egg ★ :2018/02/03(土) 23:07:40.27 ID:CAP_USER9.net

    リーガ・エスパニョーラ第22節が行われ、FW乾貴士が所属するエイバルがセビージャと対戦した。

    試合開始早々得点が動く。1分、敵陣左サイドでボールを持ったキケ・ガルシアがそのままペナルティエリア内へ侵入すると強烈なシュートを突き刺し、貴重な先制点を奪った。ここからエイバルのゴールラッシュが始まる。

    17分、左サイドでボールを受けた乾が、オーバーラップしてきたホセ・アンヘルへパス。左足のアウトサイドで上げたクロスに、ファーサイドで待っていたファビアン・オレジャーナがダイレクトで蹴り込んで2点目を決めた。
    その後PKで1点を返されるものの、32分にイバン・ラミスが追加点を決め、エイバルが2点をリードしたまま前半を折り返した。

    後半に入ってもエイバルの勢いは止まらない。61分にオレジャーナが、緩くなった相手DF同士のパス交換を狙ってボールを奪うと、そのままGKとの1対1を冷静に決めチーム4点目を奪った。

    さらにFKで1点を奪ったエイバルは、終始安定した試合運びを披露し、最終スコア5-1で4試合ぶりの白星を獲得した。なお、エイバルはセビージャ相手に歴史上初めての勝利を収めている。
    先発出場し前半からチャンスを作り続けた乾は、フル出場でチームに貢献している。

    【スコア】
    エイバル 5-1 セビージャ

    【得点者】
    1-0 1分 キケ・ガルシア(エイバル)
    2-0 17分 ファビアン・オレジャーナ(エイバル)
    2-1 22分 パブロ・サラビア(セビージャ)
    3-1 32分 イバン・ラミス(エイバル)
    4-1 61分 ファビアン・オレジャーナ(エイバル)
    5-1 83分 アナイツ・アルビージャ(エイバル)

    2/3(土) 22:49配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00710771-soccerk-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【エイバルつよww 乾はどうだった?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)


    評価高いな

    1 Egg ★ :2018/02/01(木) 18:43:11.12 ID:CAP_USER9.net

    サッカースペイン1部リーグ、ビリャレアルが同リーグ・エイバルの日本代表MF乾貴士(29)の獲得に関心を深めていることが1日、分かった。スペインを中心としたサッカーのポータルサイト、ゴール・デジタルが伝えている。

     記事によると、乾はエイバルとの今シーズン中の契約延長を拒否。シーズン終了を待って他のスペインリーグのチームへ移ることを検討中だという。新チームの有力候補と考えられるのがビリャレアルで、選手の特徴、複数ポジションでプレーできる点を高評価しているという

    2/1(木) 17:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000117-dal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【乾がリーグ強豪クラブへ移籍⁉︎ 激アツ!】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)


    恐ろしい攻撃力ww

    1 豆次郎 ★ :2018/01/31(水) 12:18:47.27 ID:CAP_USER9.net

    1/31(水) 12:14配信
    メッシ&スアレスで5試合連続ゴール! リーガで88年ぶりの快挙達成

     バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、また新たな金字塔を打ち立てた。30日付のスペイン紙『ラ・バングアルディア』が報じている。

     バルセロナは28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節でアラベスと対戦。相手に先制を許したものの、メッシとスアレスのゴールで2-1の逆転勝利を収めた。

     メッシとスアレスはこれで、リーグ戦5試合連続の“アベック弾”を達成。同紙によると、リーガ・エスパニョーラの歴代タイ記録になるという。1930-31シーズンの第6節から第10節にかけて、アスレティック・ビルバオに所属したギジェルモ・ゴロスティサとホセ・イララゴーリのスペイン人コンビが5試合連続でゴールを決めて以来、実に88年ぶりの快挙になるそうだ。

     なお、バルセロナがリーグ戦最近5試合で奪った17ゴールのうち、メッシとスアレスは2人だけで13ゴールをマークしている。またスアレスは個人として、リーグ戦8試合連続ゴールを記録。2015-16シーズンに打ち立てた7試合連続ゴールを上回る自己ベストを達成している。

     バルセロナは1日に行われるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝ファーストレグでホームにバレンシアを迎えた後、4日のリーガ・エスパニョーラ第22節でエスパニョールとのアウェイゲームに挑む。“バルセロナ・ダービー”となる敵地での大一番では、リーグ戦におけるクラブの開幕連続無敗記録の更新がかかっており、メッシとスアレスの両ストライカーにかかる期待は大きい。再び“アベック弾”は生まれるのか、そして新記録達成となるのか。注目が集まる。

    (記事/Footmedia)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00709215-soccerk-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【怪物2人が歴史を変えた!この2人はやっぱ反則だ…】の続きを読む



    (出典 mag.sendenkaigi.com)


    好きだったんだ

    1 豆次郎 ★ :2018/01/30(火) 19:27:42.75 ID:CAP_USER9.net

    1/30(火) 19:07配信
    キャプテン翼の作者、高橋陽一がスペインを訪問…イニエスタ、乾と対面

     人気サッカー漫画キャプテン翼の作者、高橋陽一さんが1月24日から29日までスペインを訪問。滞在中、現地で4試合を観戦した。

     25日、コパ・デル・レイ準々決勝第2戦のバルセロナ対エスパニョールのバルセロナ・ダービーを楽しむと、翌26日にバルセロナのアンドレス・イニエスタと対面。高橋さんからイニエスタに、キャプテン翼のキャラクター、大空翼と岬太郎の原画が手渡された。

     同日、2013年にオープンしたビルバオ市の新スタジアム「サン・マメス」を訪問。アスレティック・ビルバオとエイバルによるバスク・ダービーを、VIP席で観戦した。試合後、エイバルで活躍する乾貴士から試合ユニフォーム、エイバルのアマイア・ゴロスティサ会長から「Captain Tsubasa(キャプテン翼)」と記されたユニフォームが贈られた。

     ホームのアスレティック・ビルバオのホセ・ウルティア会長は、スタジアムで最高峰の席を用意するとともに「Takahashi(高橋)」とマーキングした背番号10のシャツをプレゼント。同日、ゴールを決めたFWアリツ・アドゥリスを始めとしたアスレティック・ビルバオの選手らと記念撮影する場面もあった。

     再びバルセロナに戻ると、27日に2部のバルセロナB対グラナダを、28日にバルセロナ対アラベスを見守り旅を終えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00709038-soccerk-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【イニエスタはキャプテン翼が大好きみたい。 高橋先生と会って記念写真】の続きを読む



    (出典 p-ground.com)


    やっぱりあいつか…

    1 Egg ★ :2018/01/27(土) 22:46:31.88 ID:CAP_USER9.net

     スペイン紙『マルカ』が、今季のレアル・マドリー低迷の戦犯は誰かを問うアンケートを実施。約600万もの投票が集められた中で、マドリーの選手の今季のパフォーマンスが診断された。

     戦犯リストを免れ、salvados(日本語で「救われた者」の意)に選ばれた9人の選手には、上から順にDFナチョ・フェルナンデス(84%)、MFルカ・モドリッチ(79%)、DFダニエル・カルバハル(73%)らが選ばれた。

    中でも驚きなのが、全体の69%の投票を獲得したFWガレス・ベイルの存在。同選手は今季、度重なる負傷離脱からマドリーファンの不満を買っていたものの、復帰後は上々の出来を見せファンの信頼を再び勝ち取ったようだ。

     一方同アンケートによると、14人の選手が残念ながら戦犯という扱いを受けている。最も多くの投票を獲得してしまったのは、全体の92%の投票を獲得したFWカリム・ベンゼマ。今季リーグ戦13試合でたったの2ゴールしか決められていない同選手は、得点不足に苦しむチームの不調に最も関与した選手と見なされている。

     他にも、2位には昨夏の入団時にはDFマルセロとの競争が期待されていたDFテオ・エルナンデス(88%)が選ばれると、3位には、前半戦はカルバハルの代役を務めていたDFアクラフ・ハキミ(81%)がランクインした。

     なお、今季リーグ戦ここまでで6ゴールと、こちらも調子が上がらないFWクリスティアーノ・ロナウドは、戦犯として6位に選出。全体の77%の投票を獲得してしまう結果となった。

    【マドリー低迷の戦犯ランキング:()内は投票全体の割合を示している】

    1位 カリム・ベンゼマ(92%)
    2位 テオ・エルナンデス(88%)
    3位 アクラフ・ハキミ(81%)
    4位 キコ・カシージャ(77%)
    5位 マルセロ(77%)
    6位 クリスティアーノ・ロナウド(77%)
    7位 マルコス・ジョレンテ(75%)
    8位 マテオ・コバチッチ(70%)
    9位 ダニ・セバージョス(60%)
    10位 ボルハ・マジョラル(59%)
    11位 ラファエル・ヴァラン(57%)
    12位 ヘスス・バジェホ(56%)
    13位 セルヒオ・ラモス(54%)
    14位 マルコ・アセンシオ(53%)

    1/27(土) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180127-00253201-footballc-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【サッカー】<レアル・マドリード>今夏衝撃の「770億円補強」と英紙報道! “銀河系”復活へプレミアリーグの3選手に照準
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1517033858/


    【レアルで戦犯の吊るし上げが始まった模様…】の続きを読む

    このページのトップヘ