くろnews サッカー速報

サッカーに関する情報をお届けします。ぜひお気に入りの記事を見つけてください。

    カテゴリ: 国内、海外ニュース



    (出典 www.soccer-king.jp)


    考えられない

    1 Egg ★ :2018/02/03(土) 05:01:31.27 ID:CAP_USER9.net

    ◆24歳のポグバは週給4500万円で3位とプレミア隆盛の象徴的存在に
     
    アーセナルは去就問題が浮上していたドイツ代表MFメスト・エジルとの契約延長に成功。希代の司令塔は週給35万ポンド(約5400万円)、
    年俸換算28億円というクラブ史上最高額で2021年までの3年半契約にサインしたが、英紙「デイリー・ミラー」はプレミアリーグの稼ぎ手トップ10をランキング形式で紹介している。

    マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモ*、マンチェスター・シティの元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ、
    チェルシーとベルギー代表の“10番”MFエデン・アザールらが週給22万ポンド(約3400万円)で10位タイにランクインした。

    その上にも、ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクとシティの同MFケビン・デ・ブライネ(週給25万ポンド/約3900万円)、
    同じくシティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(週給26万ポンド/約4000万円)といったビッグネームが名を連ねる。

    トップ3はプレミアリーグ史上最高額の8900万ポンド(約138億円)で、16年夏にユナイテッドに加入したフランス代表MFポール・ポグバだ。
    24歳にして週給29万ポンド(約4500万円)を稼ぎ出し、プレミアリーグ隆盛の象徴的存在となっている。

    ◆1位はマンUに移籍したサンチェスが断トツ
     
    しかし、今冬の移籍市場の動きで、このポグバを超える選手が二人登場した。
    その一人がエジルで、契約更改によって週給35万ポンド(約5400万円)まで上昇したという。

    その上を行くのはアーセナルからユナイテッドへの移籍を果たしたチリ代表FWアレクシス・サンチェスだ。
    その額は週給50万ポンド(約7800万円)、年俸換算で41億円と一人桁違いのサラリーとなっている。

    選手の移籍金が著しくインフレを起こしているサッカー界だが、それに比例するように給与も急騰している。
    トップ10のうち、ユナイテッドから4選手、シティから3選手とマンチェスターの両雄の存在感も際立っている。

    プレミアリーグの週給トップ10は以下の通り。

    1位 アレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド) 50万ポンド(約7800万円)
    2位 メスト・エジル(アーセナル) 35万ポンド(約5400万円)
    3位 ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) 29万ポンド(約4500万円)
    4位 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ) 26万ポンド(約4000万円)
    6位タイ ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)25万ポンド(約3900万円)
    6位タイ ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)25万ポンド(約3900万円)
    10位タイ セスク・ファブレガス(チェルシー)22万ポンド(約3400万円)
    10位タイ エデン・アザール(チェルシー)22万ポンド(約3400万円)
    10位タイ ズラタン・イブラヒモ*(マンチェスター・ユナイテッド)2万ポンド(約3400万円)
    10位タイ ヤヤ・トゥーレ(マンチェスター・シティ) 22万ポンド(約3400万円)

    2/2(金) 20:21配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180202-00010015-soccermzw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【選手の給料も破格の金額になってきているwwwどこまで続く?】の続きを読む



    (出典 haaasoku.com)


    ガチだwww

    1 Egg ★ :2018/02/02(金) 07:48:18.99 ID:CAP_USER9.net

    2月4日(日)夜6時57分より放送の「ビートたけしのスポーツ大将 3時間SP」(テレビ朝日系)で、中村俊輔選手が天才中学生ゴールキーパーとフリーキック対決に挑戦する。

    Jリーグで歴代1位となるフリーキック24本を決めている“伝説の左足”の持ち主・中村選手(ジュビロ磐田)は、ペナルティーキック=PKではなく、番組初のフリーキック=FKでサッカー天才キッズと対戦。中村選手は矢部浩之とチームを結成し、中村選手は距離25m、矢部と天才キッズは20mというハンデマッチに挑む。

    中村選手と天才キッズGKの間には185cmの壁が5枚立ちはだかる一方で、矢部と天才キッズの前には165cmの壁が3枚と、岡村隆史が“動く壁”として参戦。その上、天才キッズのFKを阻止せんと、元日本代表GK・川口能活選手がゴールを死守する。

    かつて日本代表の危機をスーパーセーブで何度も救ってきた川口選手の参戦は、中村選手にとって大きなサポートとなるも、中学生天才キッズチームも、将来の日本代表を背負って立つ高い身体能力を誇る3人が集結。

    さらに、中村選手が所属するジュビロ磐田の名波浩監督も解説として登場。中村選手に「入れないと(試合で)蹴らせないよ」とプレッシャーをかけながらFK対決を見守る。

    ビートたけしも、「PKとFKでは同じ止まっているボールを蹴るにしても蹴り方が全然違う。サッカーって奥が深いスポーツだよね」と期待を寄せる。

    そんなFK対決をスタジオで見守るラモス瑠偉にたけしが、「俺は『ラモスをワールドカップ日本代表監督にする会』の会長なんだけど、会員が1人減り、2人減りとなって、今じゃ会員は俺だけ。まるでおかしな新興宗教の教祖みたいになっちゃったよ(笑)」と言うと、サッカー解説などでは強面で厳しい批評をするラモスも苦笑い。

    さらにたけしは、キング・カズこと三浦知良選手がブラジルから帰国したての頃に、ラッシャー板前の家に居候をしていたという秘話を暴露。

    続けて、以前の「スポーツ大将」で、当時読売クラブに所属していた三浦選手とラモスがたけし軍団とチームを組んでサッカー対決をした際に、「試合に負けたら、『恥ずかしくないのか!』って怒られたんだよ。ラモスはアマチュアの遊びだと思っていないんだよね。おまけに『グラウンド走れ!』って走らされて、走りながら『俺たち芸人なんだけど』って思ったよ(笑)」と30年も前の秘話を明かした。

    そして、いつか天才キッズとの対決にも参戦して欲しいとたけしに頼まれたラモスは、「いつでも!」と快諾し、「絶対に負けないよ!」と力強く宣言した。

    つづく

    2/2(金) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180202-00136102-the_tv-ent

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【お笑い芸人の巨匠がガチでサッカー選手に怒られたらしいwww】の続きを読む



    (出典 happpy777.wp-x.jp)


    ヤバイ雰囲気があるんですけど。

    1 動物園φ ★ :2018/02/02(金) 12:06:22.30 ID:CAP_USER9.net

    2/2(金) 12:03配信
    スポーツ報知

     サッカーメキシコ1部パチューカのFW本田圭佑(31)が2日、自身のツイッターを更新し「普段忙しく働いてる皆さんへ 何の為に生きてるんですか?俺はなんやろか。。。」とツイートした。

     このツイートに「その答えを見つける為に生きるのではないんですか?」。「それを探す為に生きてると思います。そんな事考えたくなる事もありますよね…でもそれだから人生は面白いと思います」。「本田選手は本田選手です。生きてるだけで丸儲けです!」など様々な反応が集中している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000040-sph-socc


    【本田病んでるのかww】の続きを読む



    (出典 itmama.jp)


    周りに合わせちゃうからな

    1 Egg ★ :2018/02/01(木) 23:16:36.10 ID:CAP_USER9.net

    日独で活躍したリトバルスキー氏が考察「日本人の美徳が欧州では不利に働く」

    ワールドカップ(W杯)イヤーを迎えた2018年。1月のサッカー界の移籍市場は活発だった。

    日本人ではG大阪からMF井手口陽介がイングランド2部リーズに移籍。今季はレンタルでスペイン2部クルトゥラル・レオネサでプレーしている。

    イタリア1部インテルで7年間、プレーしたDF長友佑都はトルコの名門ガラタサライに移籍したが、欧州で長い間、キャリアを築き続ける選手は数少ない。

     日本人が海外を舞台に成功するためには何が必要なのだろうか。

     ドイツ1部ヴォルフスブルクでスカウト部長を務める元西ドイツ代表FWピエール・リトバルスキー氏は、JリーグのJEFユナイテッド市原(現J2千葉)で活躍し、横浜FCなどで監督経験を持つ。日本人の夫人を持つ知日家としても有名だ。W杯優勝経験を持つリトバルスキー氏に、日本人が海外で成功するために必要なことを聞いた。

    「日本人に限ったことではありませんが、外国で成功するには、まず第一にはその国とサッカーの文化に適応することです。なぜなら、日本と全く異なる国民性を受け入れ、理解しなければいけない。移籍前からその国やリーグの情報をできるだけ集めるという事前準備が大事になる。日本で学んできたもの、美徳、作法のいくつかを忘れるということも大事なことになると思います」

     こう語ったリトバルスキー氏。移籍先の文化、サッカーの伝統、スタイルを理解する重要さだけでなく、日本人として培ってきた美徳を欧州では捨てなければいけないこともあるという。

    「日本人は相手をリスペクトします。それは間違いなく美徳ですし、私がこの国を愛するところでもあります。しかし、それは不運なことですが、欧州でキャリアを築くという面においては不利に働くことが多い」

    「シャークプール」を泳ぐ覚悟「うかうかしていれば食べられてしまう」

     ブンデスリーガとJリーグの両方を経験したレジェンドは、こう言い切った。対戦相手、チームメートを尊重する「日本人らしさ」は、欧州においては“弱点”になる場合もあるというのだ。

    「プロサッカー選手としてヨーロッパで生きていくことは日本よりも、よりダイレクトな作業です。自分を証明するために、自分のプレーを見せるためには、精神的にも肉体的にも衝突が多くなる。日本から初めて移籍した場合、対処が難しいこともあります。何よりも日本のようなリスペクトに溢れている環境を出発点にすると、ね」

     日本の美徳を大事にしすぎると、生き馬の目を抜く欧州サッカー界では生き抜くことが難しいという。

    「他者に敬意を払うことは一般的に素晴らしいこと。だけど、それは不運なことでもあります。サッカーのビジネスを、我々は『シャークプール』と呼んでいます。獰猛なサメがウヨウヨとしている空間で泳ぐわけだから、うかうかしていれば食べられてしまう。大怪我もするでしょう。しかし、シャークプールに入ってしまったからには、どうにかしてサメよりも速く泳がなければいけない。簡単なことではない。サメだけでなく、減速させようとして足を引っ張りに来る人間がチームにいないとも限りません」

     日本の慣れ親しんだ環境から一歩、欧州に出てしまえば、血に飢えたサメがひしめきあうような過酷な生存競争にさらされることになる。相手をリスペクトしすぎれば、食われてしまう。

     日本人として貫いてきた美徳を捨てることが欧州でキャリアを築く第一歩になるのかもしれない。


    ⬛sエール・リトバルスキー
    ブンデスリーガ強豪ヴォルフスブルクのスカウト部長。現役時代は天才ドリブラーとして活躍。西ドイツ代表メンバーとして1990年ワールドカップイタリア大会優勝、82年スペイン大会、86年メキシコ大会ではそれぞれ準優勝に貢献している。ブンデスリーガ1FCケルンで活躍後、1993年からJリーグJEFユナイテッド市原(現J2ジェフ千葉)で、96年からブランメル仙台(現ベガルタ仙台)でそれぞれ2シーズンプレーした。監督として横浜FC、アビスパ福岡、シドニーFCで指揮を執った。ドイツ語の他、英語、フランス語、日本語も堪能なマルチリンガル。


    【海外で成功するのに必要なものとは?日本人は不向きww】の続きを読む



    (出典 cdn.mainichi.jp)


    サッカー以外の話題が増えてきたな

    1 豆次郎 ★ :2018/01/31(水) 14:52:45.76 ID:CAP_USER9.net

    1/31(水) 14:48配信
    本田圭佑なぜ政治?「サッカー選手の前に人なんで」

     日本代表から外れているメキシコ1部パチューカのMF本田圭佑(31)が1月31日、ツイッターで自身のサッカー以外の活動について、つぶやいた。

     本田は16年8月1日に「KSKエンジェルファンド」を立ち上げ、創業間もない企業や起業家のスタートアップを助ける「エンジェル投資家」としても活動している。

     その投資先は、世界各国で展開しているサッカースクールの視察などで実際に感じた貧困、格差を是正する動き、自身も子を持つ親として、次世代に向けた新たな社会の創造につながるもの、それをひとつの指針として選択されている。

     英語でのつぶやきは「KSKエンジェルファンドは次の世代のために、より良い世界を作り上げたいという思いから生まれた。我々のミッションは、世界の貧困をなくし、誰も平等に教育を受けられ、自らの力でチャンスを平等に手にすることのできる世界を作り上げること」などとされた。

     日本代表からも外れ自身3度目となるW杯、この夏のロシア大会メンバー入りが焦点となるなど本田を取り巻く話題は、当然サッカーに関するものが多い。

     ただ、ツイッターでは、よりよい社会の創造や、子供たちに夢を与える活動について自由に、率直に発言を続けている。

     直前のツイートでは日米地位協定について橋下徹氏がつぶやいた意見にも賛同していたが、これには、なぜサッカー選手なのに政治に目を向けるのか? という質問も寄せられた。

     本田の回答はシンプル。「そりゃサッカー選手の前に人なんで。」だった。

     この状況でいろんな意見はあるだろうが、本田の活動をサッカーとサッカー以外と分けるのは、もはや意味を持たないのかもしれない。

     もちろん、サッカー選手・本田圭佑がだれしもを納得させるパフォーマンスを示すことが、その基盤にあるのだが。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00113461-nksports-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【本田圭佑がビジネス、政治に積極的⁉︎ その意図とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ